BLOG TOP
  • 201111 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201201

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

プリンスの栄光 (改題)

 全自動立体駐車場 B1 第一シーズンの2009年5月26日に公開された記事を転載したものです.
この記事は予約投稿記事です

 私が心に残ってる,「プリンス」という会社のお話です.
ちょっと長いですが,是非是非ごらんください.

 スカイラインを作り出したのは日産ではなく元日産の子会社「プリンス」という会社です.
この話の主人公はこのプリンスです.
 実はこのプリンスの経済面,つまりマネーな部分はあの有名な石橋正二郎さんがになっていました.
石橋正二郎さんと言うと,今では有名なブリチストンの創設者ですね.

 そしてこのプリンスは「日本一速いエンジン」(よく覚えてないです)と自称したエンジンを搭載したスカイラインスポーツとグロリアで,鈴鹿サーキットで行われた第一回日本グランプリに参加しました.
しかし日本一速いくせに完全に何にも改造もしないまま出場,つまりほぼ市販と同じ状態で出場するという無防備すぎる状態で走行しました.
ライバルのトヨタなどはマフラーを改造したり,サスペンションやエンジン,車体も改造してたので,
プリンスは8位と惨敗に終わりました.
 「日本一(笑)」「全然じゃないかよ」等の批判の声が巷で飛び交ってしまうハメに.

 この結果にカチンッときた石橋正二郎さんのお怒りにより第二回日本グランプリに向けて全会社規模に及ぶプロジェクトを立ち上げました.
このプロジェクトにより市販車の開発と同時にレース車両の開発も進んだのでした.
 こうして誕生したレース用車両は"スカイラインGT"です.日本初のホロモゲーションモデルの車です.
(ホロモゲーション・・・レースに出場する際の「ルール」をクリアして,主催者に認証を取ること)
この車はなんとも凄いことに鈴鹿での事前テストに唯一国産車で三分を切るラップタイムをマークし,競合メーカーの脅威となったのです.
この事からトヨタ自動車は「マズイ…」と思ったのでトヨタと契約しているレーサーが個人輸入したポルシェ・904が緊急参戦したんです(一説)

まぁ言わばトヨタは何としてもプリンスを勝たせたくなかったんでしょうな.完全に悪役です.

 そして第二回日本グランプリが開幕しました.最初はなんとスカイラインが先頭に立ったのですが,半周でポルシェに抜かれていきました.そのままスカイラインは二位,三位,四位,五位,六位でゴールし上位を独占しましたがトップはポルシェでした.
しかしこの結果は談合の結果という説もあり,"一時的でいいからスカイラインをトップに立たせてくれないか"という談合が行われた可能性もあり,ポルシェに抜かれたスカイラインに乗ってたドライバーはそのあと全く真剣にポルシェを追おうともしなかったような走りにも見え,そのあと三位に転落しているんです.
しかし二位になったドライバーはこの結果に満足せず,"ポルシェより速い車がポルシェに負けるのはおかしい"と発言.
しかし真剣に追ったかどうかは不明のままです.

 そして次こそ勝ってやるとの思いで新たな車を開発してる時,なんと日産と合併することになったという思いもよらぬことが起きてました.

つまり,次のレースが,プリンスという名で走れる最後のレースとなってしまいました.

 その最後のレースでプリンスが全力を尽くして投入したのがあのR380です.
IMG_0145.jpg
R390の親分とでもいいましょうか,名前からすると.

 そしていよいよ,ポルシェとの決着をつけるときがやってきました.
プリンスチームは車以外にも給油の方法にも工夫を凝らしたんです.
いままで給油にはかなりの時間がかかってましたが,プリンスチームは給油のホースを高いところに設置して
そのまま車のところまで延ばして重力を利用した給油をしたのです.
この方法は大成功し,ポルシェの給油よりも30秒近い給油に成功.

これによりポルシェのドライバーは「プリンスがやってきた,ヤバイ!!」とばかりに精神的にも焦ってしまったのでしょうか,あえなくクラッシュしてポルシェのターン終了.

 となるともう決着はついたも同然で,結果はR380が1位2位4位と上位をほぼ独占状態.
これこそまさに終わりよければ全てよしですね.感動のラストです.

そして1966年8月に日産と合併.プリンスのレーサーは誰もが解雇されると感じてましたが,
日産は努力を認めて,彼らの技術を買って,日産R380として活動を続けたなんていういい話も.
さらに終焉を迎えたと思われたスカイラインも開発が続いたのです.
この開発のリーダーとして任されたのもプリンスの社員だったなんていう更にいい話も.
まさにあの最後のレースがプリンスの社員を変えたといっても過言ではないでしょう.

(一部wikipedia参照)

 



私はこの話が大好きで聞くたんびにに感動を覚えます.
私はあんまり感動をしない人間なんですがコレばかりは感動しました.

<転載後記>
元の記事とは一部分かなり言い方を変えています.「です・ます」体と「だ・である」体が混ざってたり,
無駄に難しい言葉を使って「なにコイツ,かっこつけてんの?」なんて思われる部分はカットしたり言い換えたりしました.

さて,この話は,ご存知NHKのプロジェクトXでも取り上げられた話で,私がこの話を元から知ってたんですが,更に深く知るきっかけとなりました.
本当にいい話で,未だに私の好きな話でもあります.
最後のR380の勝ち方が,(だいぶ)前にこのブログで書いた787Bのルマンでの活躍の仕方と似てますね.
「相手を焦らせる → ッア゛ー!! → 勝利はいただき」な手順ですな.

いや~何度聞いても,ホントいい話です.
こういう歴史があったと知ってからR380を見ると,これまた一味もふた味も味わい深くなります.

次回予約投稿記事の公開は1/1です.よいお年を!
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop


全自動立体駐車場B1とは・・・

2012/04/10追記
今までありがとうございました!
ゼットグランのブログは下記URLに完全移転いたしました.これからは新ブログにてお会いしましょう!
http://ameblo.jp/choro-zet


おもにチョロQをはじめとする,あらゆる分野から自分なりの記事にしていくマイペースなブログです.  親サイトは全自動立体駐車場でその小サイトともいえます.  こんなブログが気に入ってくださった方や,このブログの方針に賛同してくださる方は下の画像をクリックしてください.

/ポチッとな!!\

全自動立体駐車場 B1
チョロQ以外について書いてる
フリーウェイ(アメーバブログ)

適当更新の
スチームウェイ(ヤフーブログ)
もヨロシク!!

TOPニモドル

駐車場一覧

私が管理するサイトの内,駐車場系列のサイトを全て表示してます

アクセスカウンター

このブログを閲覧した人の総合計人数です

オンラインカウンター

リアルタイムでいま何人がこのページを見ているかを表示しています.

BLOGPET-ゼット

ブログペットの犬です。

プロフィール

管理人ゼットグランの詳細です。

ゼットグラン

Author:ゼットグラン

HARBOTクロック

ハーボット終了記念に配信されてる時計です.

HARBOT-グラン

HARBOTです。

駐車場伝言板の様子

全自動立体駐車場 F2で投稿された最新スレッド一覧です。

検索フォーム

最近の記事

ブロとも申請フォーム

これはFc2ブログの管理者同士で使うもので、閲覧者には直接関係ありません。

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。