BLOG TOP
  • 201703 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201705

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2012-02-27│
  • Category:比較

「A品番の復刻」は本当に復刻?

この記事は予約投稿記事です

 チョロQのA品番というとご存知の通りチョロQの最初期のシリーズですね.
そしてA品番が終わった後しばらくするとA品番を復刻させたチョロQが少し出ました.
今回はフェアレディZのA品番と復刻車を比較して,本当に復刻と言えるくらい瓜二つになっているのか調べてみました.

IMG_8033.jpg
[左:15台セットで復刻されたZ 右:オリジナル]
色などは違いに入れないとして見ていくと,大雑把には同じと言えますね.
使ってる金型が同じなら当たり前ですが・・・.

IMG_8034.jpg
IMG_8035.jpg
しかし,ピラーに入ってる模様が違ったりします.細かいんですけどね.
これはオリジナルのA品番の方がいくつか種類があるからだと思うんですが,実際の所・・・どうなんでしょう?
A品番はそこまでたくさん持ってないのでそこの比較は出来ないです.

IMG_8036.jpg
IMG_8038.jpg
おっと,ボンネットに彫りこまれているのも違いますね.

IMG_8039.jpg
さらにはシャーシとボディ後部を合体させる構造(通称:ツメ)も何だか違います.
復刻の方は見慣れた形です.
あれ?でも初代チョロQはそんな見慣れた形ではなかったはず・・・.
復刻の方がシャーシに書いてある文字が読みやすいですね.

IMG_8040.jpg
そして誰が何と言おうとも復刻版のほうにはサイドミラーが取り付けられているのはハッキリとした違いです.

とこんな感じですね.
結論を言うと,所々模様が違ったりするのはあるものの,
復刻しているチョロQは復刻に加えてアレンジを加えているのかもしれないですね.
でもサイドミラーの違いがあるのはちょっと以外でした.



さて,約一年続いた休止期間中の予約投稿記事ですが,今回の記事で終了です.
長い間ご覧になっていただきありがとうございました.
次は受験が終わった後の,予約投稿ではない記事が投稿されます.
遅くとも3月中には更新されるかと思われます.
たとえ忘れてたとしても4月中には何としてでも何らかの更新はします.
ではまた次のときにお会いしましょう・・・
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

  • 2012-02-15│
  • Category:ChoroQ

チョロQ R390の栄光

この記事は予約投稿記事です

過去のチョロQシリーズを支えた車種はたくさんあります.
特にR390はチョロQシリーズを支えた「レースカー」として大事な存在でしょう.

チョロQのHGシリーズから登場してSTDシリーズにも少し登場,その後しばらく姿を消してルマンNIPPONチャレンジセットで復活しました.

IMG_7963_R_R.jpg
R390はいろんな種類で発売されましたね.
HGではブルーとルマンカーのカラーですが,クジQではブルーとレッドのクリアカラーだったり
黒と白のチェックカラーだったり,緑色が発売されたりと,チョロQの中では比較的種類が多かったレースカーなのかも.

IMG_7965_20110321111954.jpg
R390をチョロQで知ったという人も少なくは無いでしょう.
私もR390を知ったきっかけはチョロQ(のガム)ですね.

IMG_7967_20110321111953.jpg


いろいろな種類で発売されて人気を博したR390ですが,1箇所,致命的な弱点がありました.
IMG_7968_20110321111952.jpg
それはウィングの折れやすさです.
もう「チョロQのウィング折れます界」のカリスマ的存在といってもいいくらいウィングが折れやすいです.
薄くて細い板2つで大きなウィングを支えてるのが原因だと思いますが,本当に折れやすいです.

そんなR390ですが,いろんな人から好まれて結構長い間チョロQの中では登場してましたね.
787Bと同じくらいかそれより数年短い位といったところですね.
チョロQの歴史を語るには欠かせないチョロQの一台でしょう.

次回予約投稿記事の公開は2/27です.

Pagetop

[Edit]

  • 2011-11-30│
  • Category:ChoroQ

愛車チョロQの悲劇

全自動立体駐車場 B1の第二シーズンである2011年3月12日に公開予定だった没記事です.
この記事は予約投稿記事です.

今日は昼間から動画撮影をしてました.
例のChoroQ Runsのを.

今回のテーマはちょっと過激なもので,チョロQにもダメージを多少与えてしまうようなステージだったんですね.

そのせいか,犠牲車が出てしまいまして,
IMG_8509.jpg
一見普通ですが,

IMG_8511.jpg
ただでさえボロボロの愛車が今度はリアにひびが入りました.
どんどんボロになってゆく・・・.
いつかはこうなるとは思ってましたが,なかなかの酷いタイミングです.
走りなどに影響はないし,今までの経験からまだ走らせても大丈夫そうではあるものの...
やっぱり長年一緒に遊んできたおもちゃがそろそろ壊れそうになるとなると,ちょっと怖気付いてしまいますね.

IMG_8516.jpg
見た目にさほど影響は無いものの・・・.参った参った.

というより,今まであんなことやってきておきながら,よく今日の日まで特に目新しい傷が付かなかったものです.
ある意味凄いのかも.
<転載後記>
公開予定日だった日付を見てもらっても分かるとおり,
この記事が没になった理由は東北地方太平洋沖地震です.
丁度,東北地方が地震から一夜明けた後の日で,そんな日にこれを公開するのはまるで
「地震よりも俺のZ32のこの壊れ方も悲しいだろ?」と言ってる様に誤解されてしまうのではないかと言うことで
数分間公開した後,没になりました.
地震で被害を受けたチョロQがいるのを考えるととてもじゃありませんが公開なんて出来ないと思いました.

動画「[ChoroQ Runs] Take Off!」内では既に言っていることなので中身自体は特に目新しくないかと思います.
私の愛車のZ32のリアに亀裂が走ったことですが,
今まで水に思い切りつけたり,高飛びでダイビングさせたり,猫に襲われたり,正面衝突したりと
いろんなことをさせられたZ32ですが,そういうので新たにダメージは負ったことないんですね.
ですが,今回私のミスで微妙に高い所からアクロバティックに落下させてしまい,すぐさま様態をチェックしたら
この有様でした.
正直,今までので大丈夫だと思ってたので,この光景を見たときは頭が真っ白になりましたね.
ちょっと今まで無理をさせすぎたかなと反省.

ですが,完全分解するほどの大惨事ではないので今のところ特に気にはしておりません.

次回予約投稿記事の公開は12/3です.

Pagetop

[Edit]

  • 2011-11-07│
  • Category:ChoroQ

ラリーカー特集

この記事は予約投稿記事です

チョロQで特に多く出たのは旧車や一般車,働く車などのいわばノーマルカーのカテゴリーでした.
レースカーなどは出てはいましたが,ノーマルカーと比べると数の少なさは否定出来ません.

さらにそのレースカーの中身をもっと区分すると,ラリーカーが一際少なかったんじゃないかなと思います.
IMG_7956.jpg
ラリーカーと言うと,やはり外見がなかなか強そうで,頼もしいというイメージがあります.

IMG_7957.jpg
その点ではこのパジェロのダカールラリーカーはイメージに合致してますね.
ハマーが何ぼのもんじゃい!な外見です.

かと思ってふと横を眺めると,
IMG_7958.jpg
あらあら,後ろが塗装されてなく,ちょっと質素なセリカですな.
カストロールカラーのセリカは大好きなだけに残念です.
セガラリーのおかげでデルタとセリカとストラトスは大好きなんでね(^^ゞ

IMG_7960.jpg
しかし,これら全てのラリーカーに対して言える事は
どれもカラーリングが素晴らしいということですね.
見てて飽きの来ないカラーリングは本当に凄いと思いますよね.
そんなラリーカーのチョロQがあまり出てきてないのは勿体無いような気もするな~.
考えてみるとラリーカーのチョロQって結構思い浮かんだりするかもしれませんが,
まだまだ色々と作れるはずです.個人的にはデルタ(マルティニ)とストラトス(アリタリア)が出て欲しいですね.

現実世界ではラリーカーはさまざまな試練に立ち向かって,時にクルマ自体が見るも無残になりますが
チョロQだとその心配が無いのが良いですね.

次回予約投稿記事の公開は11/30です.

Pagetop

[Edit]

  • 2011-10-23│
  • Category:ChoroQ

ミニミニ ケンメリ

全自動立体駐車場 B1 第二シーズンの2010年12月29日に投稿予定だった没記事です.

この記事は予約投稿記事です.

ミニミニチョロQのスカイライン2000GT-Rのご紹介です.
IMG_8578.jpg
シルバーの車体がかっこいい このケンメリですが,カプセルミニミニチョロQものでまだミニミニチョロQのクオリティがすっごいと言われてなかった時代のものだったと思うので,
言うほどメチャクチャ完成度が高いとはいえないかもですね.
ですがボディのクオリティとしてはチョロQハイブリッド辺りと同レベル,上の下~中と個人的には感じております.

IMG_8579.jpg
チョロQと比べてもこの通りの小ささなのでキュートに見えますねw

IMG_8581.jpg
ホイールがブラックで車体と似合っていてて中々のかっこよさです.渋い!

IMG_8582.jpg
残念なのはテールランプが簡単な印刷で済まされちゃってます.
ここを彫りこみ&塗装だったら最高だったのにな~,


・・・と,いつもはここで記事が終了です.
ですが,これだけじゃ読み応えもクソもないゴミ記事なので,ちょっと私がこのケンメリ等のカプセルミニミニチョロQを入手するまでの過程を書かせてもらいます.
「はぁ?」と思うかもしれませんが,何気に不運な私が伺えたりします(笑)

そもそもガチャをやろうとして外出したわけではなく,確か他のチョロQを買いにジョーシンへ寄ってたんですね.
お望みのチョロQも購入できて,さぁ帰ろうかと思った目線の先にガチャガチャがあって,
チョロQのガチャあったので,周りが子どもばっかりに囲まれながら高校生がむなしく200円投下してやってみました.
一発目に出たのがこのケンメリ.初めてケンメリを手にしたので,
周りが子どもばっかりだったのにもかかわらず,思わずドヤ顔( ̄一 ̄)

調子に乗ってもう二百円投下.しかし,カプセルが出てきません.
「あれ?100円と認識し間違えたかな?」と言うことでもう100円,さらにもう100円・・・意味がないことにここで気づき,とりあえずいったん家へ帰って買ったものを置いて,再び現場へ行って,店員さんに伝えたんですね.
この時点で私にとってはかなりの赤っ恥です(笑)
そして,ガチャごと分解して「お好きなのをどうぞ」と好きなものを選ばしてくれましたが,ここでいいものを選ぼうと慎重になってたら,ただの変人なので(笑)
目の前に見えたR35と,もう1つ適当なものをつかんで帰りました.
(計400円入れたから2つ掴めたって訳ですね)

ちなみにそのもう1つの適当なものは黄色のR34でした.
色んな意味でラッキー且つアンラッキーな日なのでした.
<転載後記>
没になってると言うことは最終的にはゴミ記事になっちゃったわけですが,
チョロQとしての2000GT-RはA品番からあった何気にご長寿チョロQですが,
あまり現在では市場に出回ってなくて,入手できてなかったんですね.
このミニミニケンメリも偶然の重なりで入手できたって感じです.

所々色挿しされてなかったりしてますが,その分を差し引いても御仁的には大満足な一台でした.
ただ・・・このカプセルミニミニチョロQ・・ゼンマイが本当にざっこいんですよねぇ・・・^^;

あと一言言わしてもらうと,私は何事に関しても いっつも運の悪いことばっかり起こります(笑)

次回予約投稿記事の公開は11/7です.

Pagetop

[Edit]

  • 2011-10-11│
  • Category:ChoroQ

"荷物"の新しい使い方を探し出せ!

この記事は予約投稿記事です

 特にA品番のチョロQではルーフになんらかの「荷物」をのっけてるチョロQが多かったですよね.
そしてその「荷物」の存在がある意味でA品番の象徴にもなっていたと思います.
その証拠としてA品番を復刻させたものには「荷物」がしっかりと乗っかってます.
IMG_7942.jpg
子どもの人にはかっこいいクルマをダサくしている「邪魔物」と思われがちですが,
チョロQを昔楽しんでた方となるとむしろコレがないと違和感を覚えてしまう人もいるでしょうね.

ですが,この荷物,懐かしさを感じるため以外に何か意味は無いのでしょうか?

―あります.この荷物はチョロQの窓を抑える役割も担っています.

ですが,そんな裏情報よりももっと画期的な新しい使い方は無いものかと模索しました.
上の写真のサーフボードの場合,
IMG_7944.jpg
こんな感じでチョロQを引っ掛けることが出来ます.ちょっと大きい物体が積み重なってるときに
付箋代わりに使えそうですね.
ただ,これではあまりにシュールで,付箋代わりに使ってると知らない人は
チョロQを殴り飛ばして付箋を取ってしまうでしょう.


しかし,このサーフボードを使えば
IMG_7945.jpg
この通り地味に傷をつけることができるので,美術作品を作るときなんかにも使えそうですね.
壁に絵を書くとか.
ただ,壁に向かってチョロQ押し付けてる画なんて想像したくないですけどね.

では初代チョロQのような荷物ならどうでしょうか?
正直,コレの場合何をやっても役に立つような使い方は無いです.
もう意味も無く上に チョロQ積み重ねちゃいましょう.
IMG_7947.jpg


ですが,この荷物を持つ2台が集まると なかなか面白いことも出来たりするものです.
IMG_7948.jpg
友人にこの光景を見せて自慢するなんてのもいいかもしれませんね.
「どうだ,俺の自慢のチョロQ達だ,すごいだろう?」
「・・・・・・・・あ・・・あぁ・・・.」

引かれて終わりでしょうが.

次回予約投稿記事の公開は10/23です.

Pagetop

[Edit]

  • 2011-09-09│
  • Category:ChoroQ

クリアチョロQ

この記事は予約投稿記事です.

今日はチョロQの日,すこし前のチョロQを観察してみましょう.
昔のチョロQではどっ金カラーボディや夜光のボディなどボディカラーに色んな工夫がなされているものにも人気がありましたね.
そのボディの工夫の中でも王道なのが何といっても透明なボディ,クリアカラーでしょう.
IMG_7937.jpg
見てて爽快感があり,少し涼しげな気分にもなれて夏の今の時期にはぴったりなチョロQです.
通称すけすけチョロQ

IMG_7939.jpg
このクリアカラーのチョロQは走らせるのはもちろん見ていても楽しいもので,
これを考えた人は本当に素晴らしい発想の持ち主だと思いますね.
私はよく窓とボディーの色のギャップなどを見て楽しんでいますね.

クリアカラーのチョロQの良い所は分解しなくても中が眺められるという点にあります.
人間界でこんなことがあったら迷惑極まりないですが,チョロQ界では話は別物です.

IMG_7940.jpg
たとえばボディ裏に番号が書いてあるのを発見したり,
その下にはなぜか○と書いてあったりするのを分解しなくても発見できます.
こういうのを発見するというのも楽しみの一つなんじゃないかなと.
息子とかがそんなので楽しがってたら「目を覚ませ!!」って言いたくはなりますね(笑)

IMG_7941.jpg
もうひとつの楽しみ方としてはチョロQのエンジンの動くさまを眺めるというのもありますね.
よく洗濯機なんかが回るのを眺めるのが好きっていう人が居たりするじゃないですか,
あれのチョロQ版って感じですね.

ライトなどに塗装を塗ることが出来なくて,ライトが分かりづらいのが難点ですかね.
でもててとても清清しいですね.

次回予約投稿記事の公開は9/22です.

Pagetop


全自動立体駐車場B1とは・・・

2012/04/10追記
今までありがとうございました!
ゼットグランのブログは下記URLに完全移転いたしました.これからは新ブログにてお会いしましょう!
http://ameblo.jp/choro-zet


おもにチョロQをはじめとする,あらゆる分野から自分なりの記事にしていくマイペースなブログです.  親サイトは全自動立体駐車場でその小サイトともいえます.  こんなブログが気に入ってくださった方や,このブログの方針に賛同してくださる方は下の画像をクリックしてください.

/ポチッとな!!\

全自動立体駐車場 B1
チョロQ以外について書いてる
フリーウェイ(アメーバブログ)

適当更新の
スチームウェイ(ヤフーブログ)
もヨロシク!!

TOPニモドル

駐車場一覧

私が管理するサイトの内,駐車場系列のサイトを全て表示してます

アクセスカウンター

このブログを閲覧した人の総合計人数です

オンラインカウンター

リアルタイムでいま何人がこのページを見ているかを表示しています.

BLOGPET-ゼット

ブログペットの犬です。

プロフィール

管理人ゼットグランの詳細です。

ゼットグラン

Author:ゼットグラン

HARBOTクロック

ハーボット終了記念に配信されてる時計です.

HARBOT-グラン

HARBOTです。

駐車場伝言板の様子

全自動立体駐車場 F2で投稿された最新スレッド一覧です。

検索フォーム

最近の記事

ブロとも申請フォーム

これはFc2ブログの管理者同士で使うもので、閲覧者には直接関係ありません。

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。