BLOG TOP
  • 201705 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201707

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2011-04-10│
  • Category:Car

いつか訪れる別れの時

Thanks.jpg

とうとうこの時が来ました.この記事を持ってこのブログ「全自動立体駐車場 B1」は一年間のお休みに入ります.
実は一年半位前にも一ヶ月のお休みを貰ってて,二回目のお休みとなります.
第2シーズンはこの記事を持って終了です.
第1シーズンでは超初期の頃は誰にも目を振り向けられず,「コメント来てくれ~!!!」と拝むような毎日でした.
そう思えば思うほど,ブログ更新が辛くなり,一時期は放置してたこともありました.やっぱりコメントが来なくなると,それに比例して更新頻度も減っていくものです.
その後,チョロQネタをやるようになり徐々に盛り上がっていきました.
どちらかというとこの頃のチョロQネタの方がバラエティさが合って面白かったのかもしれません.

第2シーズンではチョロQの比較,実験,紹介をメインに記事を書いていきました.時たま自動車ニュースを挟みつつも.
後半は全然ネタが思いつかなくて紹介ネタを連発したのは反省してます.ちょっと紹介記事に頼りすぎましたね.
他にもこのシーズンでは新しい出会いも多くて私には刺激的な一年間半でした.

さて,最後の記事なのでこんな感じの振り返りをつれづれに書こうと思いましたが,途中で飽きられるのでここら辺で止めます(笑)
いつも通りチョロQネタで締めようか,車ニュースで締めようか,愚痴で締めようか(笑)悩みましたが,
最後なので私が持つ「クルマに対する思い」についてちょっと書こうかなと思います.
ちょっと長くなるので覚悟してご覧ください.
私がクルマに興味を持つようになった最も最初のきっかけは私の兄です.
兄が生まれつきクルマが好きになって,私がその後生まれて,周りにミニカーがいっぱいあって,兄につられて好きになりましたと言う感じです.
つまりは最初は「たぶん自分ではクルマは好きだと思ってます」レベルの小さいものでした.

しかし,時間がたって,スカイラインやフェアレディZをはじめテレビや身の回りでスポーツカーやスーパーカーが
ちょっと多くなった時「あのクルマカッコイイ~」なんて思うことが多くなり始めました.
あまり覚えてませんが,初めてカッコイイと思った車がスカイラインかフェラーリのテスタロッサだったかな・・.
トミカやチョロQでもカッコイイ車が身の回りに多かったです.

その後,テレビやインターネットでカッコイイ車が出るたびに見入る有様です.
「RX-7カッコイ~」「フェラーリZ(フェアレディZ)かっこい~」
「マクラーなんとかカッコイ~」「エネセックス(NSX)かっこいい~」
この時から既に将来欲しい車はスポーツカーと心に決めてました.
もうクルマのかっこよさや魅力に完全にほれ込み,クルマの魅力は完全に私を虜にしていきました.
下校中であろうがカッコイイクルマを一目見かけたら走って追いかけるようなゼットグラン少年でした.
授業中外を眺めてカッコイイクルマが走ってたら授業そっちのけでそのクルマを見て,
駐車場に見とれてしまうクルマがあったら,授業を全力で無視してそのクルマを上から観察してました.
「ウィングがかっこよくて,しかも似合ってるホイール,もう最高」といったように.
もうクルマが恋人,そういっても過言ではありませんでしたね.
それだから,小学五年生のときの自動車工場見学はもうどれだけ楽しかったことか・・・.
小学六年生の時に行ったマツダミュージアムはどれだけ私にとって最高の時間だったことか.
小学生の3か4年生の時に行ったトヨタ博物館は人生の中でも最高のひと時の1つでした.
ほぼ毎年行ってた鈴鹿サーキット,私の一年の楽しみでもあったし,これも私にとっては最高以外の何物でもない心の底から楽しめた所です.

しかし時は経ち中学生になったとき,この辺りからエコカーがやけに流行だしてました.
そのときの私はというと,まだエコカーの構造などについてはサッパリ理解してなく,
「エコカー?あぁそう」と言ったような感じでした.ただ,カッコイイとは絶対に思いませんでしたね.
そしてエコカーが街中にどんどん増えていき,段々と自動車への魅力はなくなっていきました.
また再び思わず追いかけてしまいたくなるようなクルマが走るその日は来ないのか?
そう思う一方,スポーツカーが視界に入るとやっぱりそっちに目が行ってしまいましたね.
それもエコカーであふれてる中での紅一点スポーツカー,嬉しさは一塩でした.

そして更に時は経ち高校生になった時には既に日本は完全にエコカーカントリー状態でした.というか今もです.
私の少年時代を支えてくれた自動車が今となっては皆ただの道具扱いです.
企業は売れることばかりを考えて全くエコじゃないエコカーを生産し続け,挙句の果てには私の少年時代の憧れだったクルマまでもが売れることを優先させられてエコ化されてしまう毎日です.
企業は「一般市民にもスポーツカーを」とかほざいてるんでしょうけどね.
ハッキリ言ってこんな車の日々はもうウンザリです.いい加減にして欲しいです.
昔のクルマに対する情熱はどこへ行ったんだ?!
私を虜にしたあのクルマのすばらしさはどこへ消えてしまったんだ!?
もう思わず追いかけたくなるようなクルマが走り去る日は来ないのか!?
今もそんなことを思う日々です.
もう売れることばっかり頭にあって本気で自動車をどこもかしこも造ってないようにしか見えません.日本のメーカーは.
国産車が大好きなのにこんな有様になっては失望せざるをえないです.
前にyahooブログでもいいましたが本当にエコに貢献したいなら企業はまず工場をエコにすべきです.
ユーザーは1つの気に入ったクルマを乗り続けて極力エコカーが造られる時に発するエネルギーを抑えるべきなんです.
もちろんその乗り続けるクルマがエコカーだったら本末転倒ですが.

最近のテレビではフェラーリやランボルギーニなどを目にすることはあります.
ただし,思わず顔面をどつきたくなるお金持ちつきで
貴様はクルマを何だと思ってんだ,ただの見せびらかしの道具としか思えねぇのか,
頭の中でそう思ってます.心の底から憎たらしいです.

チョロQハイブリッドに関する記事を書いたときと似たようなことを言わせて貰うと
クルマは高級車で見せびらかすためのものでも,ただただ移動手段としての道具でも,夜中にドリフトしてご近所さんに迷惑をかけるものでもないのです.
「走る」というのを身体で楽しむものなんです.運転は楽しくないと意味がないと思うんです.

ただ,どう今の車が酷かろうが,私の少年時代を支えてくれたものはクルマである事に変わりはありませんし,
クルマが私にとっての全てであります.もうハッキリ言ってクルマとの出会いがなかったら今の私はもうただのゴミ人間だったでしょう.
クルマは私をある意味救ってくれたのです.
落ち込んで帰ってきた日,私を慰めてくれたのはトミカやチョロQ,自動車雑誌に載ってるカッコイイクルマでした.
辛い日々が重なった時,私を励ましてくれたのもクルマでした.何ていうか,クルマが私を応援してくれてるように感じたんですね.
嫌なことがあった日,チョロQで遊んだり,クルマを眺めたりして気を紛らわしてました.
友と絶交した日,クルマを眺めて ぶつけようのないあの感情を消してました.
昔のアメーバーブログのほうにも書いたとおり,私の小学校高学年時代は本当に悪夢と言う言葉が見事に当てはまるくらい地獄のものでした.
クルマという存在がなかったら死んでたかもというと大げさすぎますが,おそらく精神崩壊して人生が終わってたのかもしれません.

確かに私は自動車の用語も,自動車に関する知識も皆無に等しいです.最近自主的に勉強はしてますが,まだまだ全然初心者級です,その辺は.
ただし,どれだけ自動車用語を知らなくてバカにされようが,同じ自動車好きから見下されようが,
誰がなんといってもこれだけは変わりません,私は人一倍クルマが大好きだ!誰よりもだ!
世界一,宇宙一自分はクルマが好きな人間,そう思ってます.
たとえ間違っていようが自分の中ではそれほどクルマが大好きです.
だからこそ,フェラーリを乗り回すセレブはぶん殴りたくなるんです.
車に愛情も何も注がない,注ぐのはガソリンだけ,何を考えてるんでしょうか?
地球上で一番好きなものはと聞かれたら即答で「クルマ」って言いますね.

大人になったら,大好きなクルマを買って,今までの恩返しの意味もこめて大切に乗り回して,
これでもかというくらい古くなっても乗り続けて,本当の意味で動けなくなるまで乗ってやろうと思ってます.
私が将来できる恩返しが本当にそれ位しかないのが悔しいです.
早く自動車に乗れるようになって,自分のクルマを買って,乗り回して恩返しがしたいです.
行く目的もない,ただただ運転がしたい,そんなドライブを早くしたいです.

私のクルマに対する思いは感じていただけたでしょうか.
本当にクルマがなかったら今の私は終わってます.考えるだけでゾッとします.
私が生きてる間に,クルマが子どもに夢を与えてくれる日が戻ることを切に願うばかりです.
さすがにプリウス見てクルマが大好きになる人はいないと思うし・・・.
いたらいたでそれは全然いいと思うんですけどね.
(ホンダのCR-Zに感動してファンレターを贈った少年はいますが,それはそれでとても素晴らしいと思います.まぁCR-Zは私も好きですが.)

クルマが生きる勇気を与えてくれたといったら言い過ぎでしょうか.
クルマには感謝しまくってもしすぎることはないです.

もちろん,感謝というと,このブログにコメントを書き残してくれたり,少しでも見てくれた人にも感謝しまくってもしすぎる事はありません.
このブログを通して皆さんにはお世話になりましたし,とても勉強になりました.
時には私に対してイラッと頭に来たこともあるかもしれません.
「消えうせろゼッ××××!!」と言いたくなった事もあることでしょう.結構自覚があったりします(汗)
ですが,皆さんのおかげで楽しいブログライフを送ることが出来ました,私にとってはかけがえのない1年間半でした.
また一年後戻ってくるときは,第一シーズン後期のようにもう少しはっちゃけて,面白いブログにして行こうかなと思ってます.
第二シーズンを始める際に私が目標として掲げた「皆が楽しめるブログにする」.
これは私の中では大成功です.皆さんも楽しんでもらえたんじゃないかなと思います.
後半は同じネタが続いてしまったものの^^;

では,一年間という長い間ですが,しばしお別れの時です.今まで本当にありがとうございました.
一年後に意外な形でお会いしましょう! また会えるその日を楽しみにしてます!

[いつか訪れる別れの時]の続きを読む

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

  • 2011-04-08│
  • Category:Car

グループBのアイツが帰ってくる?

もう金曜日ですね.今日を含めてこのブログで更新するのも後3日となりました.
まぁ今日はあと二時間で終わりなんですけどね.

さて,自動車ニュースサイトにてこれまた私の興味をとてもそそるものが.

http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=18e880ab-d4e7-424c-940e-32f789e55806
321028.jpg

アウディの名車「クワトロ」の生誕30周年を記念して作られたコンセプトモデルが市販される可能性が高いそうです.
ではこの「New-クワトロ」の性能はというと
・2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ搭載
・408ps
・48.9kgm
・0-100km/hは3.9秒
といった所.やってきますね.

2013年に限定販売する方針で固めたそうなので待ち遠しいですね~.日本に来るかは知りませんけど.

クワトロというとやっぱりラリーカーのイメージが強いですね.
プレステのコリンマクレー ザ ラリーってゲームでクワトロを操作したことありますが,
まぁ暴れ馬でしたね.あのゲームの挙動に信頼性があるかといったら・・・ですが.
アウディでも珍しいタイプのクルマなので違和感がちょっとありますけどね.

それにしても,フロント,FT-86になんか似てるような似てないような・・・.

Pagetop

[Edit]

  • 2011-04-05│
  • Category:Car

飛べないカマロはただのカマロ

 昼間にフリーウェイで更新したとおり学校に帰ってのんびりしてたら友人から嫌な気配がするメールをいくつか貰ってテンションが下がってました.
「クソウ,このままでは気がめいってしまいそうだ」と言う事でグランツーリスモ4で
ユーノスロードスターを暴走させて気を紛らわしてましたが,特にテンションも上がらず(笑)

と言う事で,私の気分を晴れさせてくれるいい自動車ニュースはないのかとニュースサイトに飛び込んでみましたが,
言うほどよさげなニュースが見つかりませんね.むしろ「何だこれ?」なニュースの方が(略
zoom@cff2c45af51b32eac0f0c040b00a5164_t.jpg
な・・・なんだこの酷い見た目のクルマは・・・.デザイナーはこれを見直して完璧と思ったのか・・・?

おまけに画像のアップローダーも6分くらい応答しないし,挙句の果てには選んだ画像アップされてないしで
むしろストレスが溜まっていく一方です(汗)

そんな中,変な記事を発見.
http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=c3898883-d646-4b32-8acf-59658d8a9a73
319595.jpg
ソウルモーターショーでの出来事.
GMがカンファレンスとかいうのを実施して,それが丁度終わった頃,
頭上にカマロ・・・?

ワイヤー吊りされてるわけでもなく縦横無尽に来場者の上を「泳いでいた」そうです.

しかし特に「頭上をご覧なさいよ」アナウンスもなかったためしばらくは誰にも気づかれなかったそうで.
319604.jpg
からくりはいたってシンプルで,カマロは実車ではなくガスで膨らませたカマロバルーンでした.
気球な感じですね.

319608.jpg
5分くらい泳いだ後はしっかりと車庫入れもされたそうです(笑)
GMから来場客への素晴らしいサプライズプレゼントでした.

・・・これを見て「なんだ,実車じゃないのかよ.実車でもできるだろ??」と思ってる方もいるでしょう.
TopGearでヴォクスホールか何かの実車を実際に飛ばしてましたからね~.
さすがに予算がなかったのかな?

Pagetop

[Edit]

  • 2011-04-02│
  • Category:Car

オーストラリア発のスーパーカー

先に大事なお知らせから.
休止する日は4/5だと言ってましたが,ちょっと遅らせて4/10にさせてもらいます.
別に4/5までにやりたいことは全部完了させられるんですが,超ハイペースな更新となってしまって
私がバテバテになるので(笑)
他のブログもこの日付周辺でストップという訳で.

さて,物語の方は一応出来ましたが,サイズをあわせる作業が終わってないので
今回は自動車ニュース.

南半球の国オーストラリアからスーパーカーが誕生したニュースです.
http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=14ec8a70-618b-48b0-a5c0-c15ba06aff78
319075.jpg
個人的にはR390のロードカーを思わせるルックスでカッコイイな~と思いましたね~.
R390は昔から大好きなクルマなんで.
ただ・・・前が素朴すぎな気がしなくもないですけどね.

このクルマの名はJP1.ジャパニース1なんでしょうかね,良く知りません.
会社はJOSSデベロップメンツ社.うん,さっぱり知らないです.

2シーター,2ドアはいいにして,V8ガソリンエンジンを積んでパワーは500ps以上となかなかの馬力です.
トランスミッションは6速MT.
重さはなんと1tを切って940kg.R390より軽いですね.
その軽さのおかげで0-100km/hは3秒以下,最高速340km/hという地球温暖化してる地球を無視した素晴らしいパフォーマンスです.
やっぱりこういう刺激的なクルマもなくちゃね.

年内の発売を目標としてて,価格は日本円にして4200万円.ちょっと高いかな?

Pagetop

[Edit]

  • 2011-03-25│
  • Category:Car

ランサーエコリューション

受験勉強のためにブログを一年間休止するといってましたが,多分休止する日は4/5か/6位からだと思って置いてください.
私がこっちでやり残した事をやってから休止しようと思ってるので^^

さて,自動車ニュースサイトを見て私の興味を引いた記事をピックアップしました.
今回の記事は,私からの本音を言うと「またこんな感じの話題かよ・・・」っていう結論ですね.
NSXのエコ化,スープラのエコ化(白紙撤回になりましたけれど),
FT-86のエコバージョンは当たり前発言,ZもEVになるかも?
といったようにスポーツカーにもエコの波がやってきてる中,次なる犠牲はランエボです.
http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=66371dc0-c753-46fd-a233-ebf07fc331e9

三菱の社長が「ランサーの次期型作る・・・」と言ったそうです.
この辺りの話はあまり興味の範囲ではありませんが,
メーカーのトップシークレットである新型車について社長が声明を出すのは珍しいことだそうで.
言われてみればそりゃそうか.

なぜにこんな珍しい自体になったかというと,イギリスの自動車メディアが,
「ミツビシ ノ カンケイシャ カラ キイタ ハナシ ダヨー」と言う事で「ランサーエボリューションは現行限りで廃止される」とか報じたそうで,
その理由は「ラリーカーの必要性が薄くなりつつある今日,環境性能の低いランサーは需要が少なくなっている」だそうです.
そんな事言ったらあんたらの国のジャ(ry

この報道に対して三菱がすぐさま「ちゃうわい!」とツイッターで反応.

「次期型は各国の法規や市場からのフィードバックに照らし合わせて、エンジニアリングやパッケージング、デザインを煮詰めていく。期待してほしい」

「自動車メーカーは、環境に配慮した製品作りをする義務がある。我々の目標は、地球規模でCO2排出量を減らす取り組みにおいて、世界のリーダー的存在になることだ」

「当社は引き続き、世界市場の要望に応じた変更を加えながら、ランサーエボリューションをブランドのハイパフォーマンスモデルに位置づけていく」

「次期エボリューションを従来のコンセプトのまま進化させるつもりはない。異なる方向へ進化させる。この新しい方向性とは、技術革新を伴うもの。近い将来、形になった商品をお見せできると思う」


一々「世界市場の要望」とか「従来のコンセプトのまま進化させない」とか遠まわしな事いってますが,
国語力がRubbishな私でも何が最終的にいいたいかは分かります.
世界の皆が求めてるのはどうせエコだろうという固定概念に飲み込まれてるのでしょうけど.

更に「従来のコンセプトのまま」,つまり「ラリーを意識した感じのまま」では進化させないことなので,
かなり環境に配慮してくるに違いないでしょう.ハイブリッドかEVかは知らんが.
多分i-Miveのことを考えるとEVになり得るかもしれないです.
よくてもディーゼルらしい.
従来のコンセプトのまま進化したほうがこっちは嬉しいんだけれど・・・.
ランサー好きのジェレミークラークソンもお怒りでしょう(笑)

こんな調子では私が期待できる国産車メーカーがいずれマツダと光岡だけになるんじゃないか・・・←

Pagetop

[Edit]

  • 2011-03-20│
  • Category:Car

MID4は何者か?

チョロQのA品番,HG時代に発売された日産のMID4という車があります.
IMG_8553.jpg

ですがMID4という車は市販車では無くコンセプトカーだというのはご存知でしょうか?
ではこのMID4は一体何者なのでしょうか?

コンセプトカーなのに後にMID4Ⅱが出現したというくらいしか私は知らないのでちょっと調べてみました.

まず初代MID4は1985年に登場
Cnv4344.jpg
Cnv4345.jpg
チョロQ化されているのはこっちの初代ですね.
エンジンの搭載方法がミッドシップ,駆動方式が4WDだったので名前がMID4だそうで.
Z32等に積まれているのと同じエンジンが積まれて,パワーは230ps.
HICAS機能も搭載・・・What?
駆動方式が4WDなのはWRCの参戦を意識させたからだそうです.

これで実際に参戦してたらどうだったんでしょうね,Zラリーカー並みの伝説を残せたかもしれないのに残念です.
Cnv4350_20110320102114.jpg
あらカッコイイですね.

このMID4,市販をかなり意識してたらしいので周りからは「いつ発売!?」と言われてましたが結局発売されず.
夢のスーパーカーとなりました.ちなみに発売されたとしたら販売価格は1500万.NSX超えですか.

そして1987年に夢のスーパーカーが再来しました.
Cnv4347.jpg
Cnv4348.jpgCnv4349.jpg
「フロント,NSXのデザインパクってね?」と思った人,挙手しましょう.
そして考え直してみましょう.NSXは何年に販売されましたか?
むしろ逆なのかもしれませんね.

この車はMID4の次の車なのでシンプルにMID4Ⅱという名前で,見た目こそ違えど,リトラクタブルライトやミッドシップで搭載して駆動方式は4WD,ベルリネッタボディ等基本的なことは初代と変わっていません.
「見た目以外何が変わったんじゃいワーレー」と思う方もいると思いますが,
見た目以外で変わったのはエンジンですかね.

エンジンをツインターボ化してインタークーラー付きになっています.
さっきZ32と同じエンジンを初代は積んだと書きましたが,正確にはこのインタークーラー付を搭載してあります.
そのエンジンが送り出すPoweeeeer!!!はお馬さん330匹分でした.

サスペンション形式は,4輪ストラットからフロントがダブルウィッシュボーン,リアがマルチリンクへ変更され,HICASもHICAS-IIへと進化しているってなんのこっちゃ┐(´~`)┌

ですが,私でも分かるのはこのデザインは更に市販化を意識したということですね.
街中でこんな車走っててもあまり違和感なさそうですしね.カッコイイ・・・.

「ついに発売するのか!?」と囁かれてたなかでMID4Ⅱに不運が襲います.
時代は1990年代に入りバブルが崩壊し,MID4Ⅱもその影響を喰らってお蔵入り,コンセプトカーのまま市販されずに終わってしまいました.
本当に残念です.

時は数年がたった今,いつもの私なら「久しぶりにMID4Ⅲなんかが発売されると良いですね」なんて書きますが,
今日の私はちょっと気分がおかしいのでそんな事かけません.
なんせ最近の日産はリーフをはじめ電気自動車とか言うエコカーに目覚めてしまい,
どうせMID4Ⅲを作ったとしてもEVになるんだろうと予測が容易に出来ちゃいますから.
テスラのまねっこじゃねぇかと,どうせ叩かれるだけですよ.

ちょっと前にクラスの日直で朝に毎回スピーチをやらされるんですけど,
運よく私に回ってきたお題が電気自動車についてだったので
1分間だけしゃべればいいものを2分間も永遠と叩き落しましたからなお更電気自動車は勘弁.
話についていけた人は極僅かでしたが^^;
(話したいことを全部言おうとすると5分くらい話せたのは内緒です)

ではこのMID4の技術すらお蔵入りだったのかと言うと実はそうではなく,後のR32やZ32や180SXにその技術は受け継がれていったんだそうです.
・・・やっぱり今の日産じゃなくて当時の「技術の日産」の時代の方が絶対いいな・・.
"エコ病から脱出したら"是非ともMID4Ⅲを作ってもらいたいですね.

Pagetop

[Edit]

  • 2011-03-17│
  • Category:Car

Race Car Version.mp4

自動車ニュースサイトを見てて,私が面白そうだと感じたニュースをピックアップして紹介します.

http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=bae00b71-43ea-4829-9e14-c8d4d8d54980

マクレ-レンの新型MP4-12Cが登場したのはもう自動車好きの間では有名な話ですが,
そのMP4-12Cのレースカーバージョンも登場しました.
317131.jpg
なかなかクールに仕上がってます♪
見ての通りエアロダイナミクスを強化してきて,
エンジンは3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボ略せばV8を レース用にいじったエンジンが積まれているとの事.
他にもトランスミッションはパドルシフトだとかABSはボッシュモータースポーツ製だとかあるけれど,
そこまで重要な情報じゃない気もするのでスルーします(笑)

317126.jpg
プロジェクトマネージャー曰く「F1のノウハウが詰まった一台」と頼もしい言葉を残しています.
それほど動きが機敏なんですかね~.これは早くレースしているシーンが見てみたいです♪

317125.jpg
このMP4-12C GT3は2012年からレース関係者へデリバリーとの事なので,
レースでお目見えするのは来年の話ですね.
なかなか速そうな見た目で期待が持てますな.

Pagetop


全自動立体駐車場B1とは・・・

2012/04/10追記
今までありがとうございました!
ゼットグランのブログは下記URLに完全移転いたしました.これからは新ブログにてお会いしましょう!
http://ameblo.jp/choro-zet


おもにチョロQをはじめとする,あらゆる分野から自分なりの記事にしていくマイペースなブログです.  親サイトは全自動立体駐車場でその小サイトともいえます.  こんなブログが気に入ってくださった方や,このブログの方針に賛同してくださる方は下の画像をクリックしてください.

/ポチッとな!!\

全自動立体駐車場 B1
チョロQ以外について書いてる
フリーウェイ(アメーバブログ)

適当更新の
スチームウェイ(ヤフーブログ)
もヨロシク!!

TOPニモドル

駐車場一覧

私が管理するサイトの内,駐車場系列のサイトを全て表示してます

アクセスカウンター

このブログを閲覧した人の総合計人数です

オンラインカウンター

リアルタイムでいま何人がこのページを見ているかを表示しています.

BLOGPET-ゼット

ブログペットの犬です。

プロフィール

管理人ゼットグランの詳細です。

ゼットグラン

Author:ゼットグラン

HARBOTクロック

ハーボット終了記念に配信されてる時計です.

HARBOT-グラン

HARBOTです。

駐車場伝言板の様子

全自動立体駐車場 F2で投稿された最新スレッド一覧です。

検索フォーム

最近の記事

ブロとも申請フォーム

これはFc2ブログの管理者同士で使うもので、閲覧者には直接関係ありません。

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。